誰でも簡単!?カードローンの組み方・選び方。

総量規制に抵触していないか確認する

カードローンを取り扱う金融業者は、銀行や消費者金融だけでなく信販会社や信用金庫と様々です。カードローンを選ぶ際に重要なこととして、貸金業法に定められている総量規制に自らが抵触していないかを確認することを忘れてはなりません。なぜなら、貸金業法により定められた総量規制は、年収の1/3を超える貸付を原則として禁止しているので、既に借入が多ければ収入が多くてもカードローン審査に通らないからです。
総量規制に抵触した場合には、貸金業法以外の法律に基づいたカードローンの中から申込先を選択することになります。銀行法に基づく融資を行う銀行カードローンや、信用金庫法に基づく貸付を行う信用金庫カードローンが選択肢に入るわけです。


カードローン審査に通る見込みを簡易診断でチェックする


カードローンの審査に通過するためには、最初に行われるスコアリング審査を無事に通過する必要があります。個人信用情報機関へ信用情報照会を行うのは、あくまでもスコアリング審査に通過した場合だけです。申込時に記入する個人情報を基にしたスコアリング審査は、カードローン提供会社が公式サイトで行っている簡易診断を利用すれば、おおよその目安を掴めます。全く同じ条件で入力しても、属性に合った人は融資可能という判断が出ますが、条件に会わない属性ならば詳細な審査が必要といった判断が表示されます。最初に簡易診断を受けて、融資可能と判断されたカードローンを優先して申込めば、カードローン審査に通過する可能性が高いわけです。本審査まで進めれば、信用情報次第でカードローン審査に通過します。